search location like
 
delete_large
×

保存済み商品に商品が追加されました。 商品がショッピングバッグに追加されました。

This Is Tiffany

My Tiffany

ティファニーダイヤモンドのウェディングリング。それはモデル兼アクティビストであるドウツェン・クロースのすべてを変えました。

Portrait by Paul Bellaart
Still life courtesy of Doutzen Kroes


夫とは、2009年に音楽フェスティバルの会場で共通の友人を通じて知り合いました。フェスティバルが終わった後、私は電話番号やメールアドレスなど、自分のあらゆる連絡先を彼に教えました。彼が必ず私に連絡できるようにしたかったからです。立ち止まってじっくり考えることはやめました。それが正しいと思い、すべてが自然だと感じたからです。そして、自分の気持ちの赴くままに行動し、それが実りました。2009年12月31日に彼の出身地のスリナムで私たちは婚約したのです。その日は、日が暮れる頃に、河でジェットスキーを楽しんでいました。日が沈み、あたりは静寂に包まれ本当に美しい眺めでした。彼がポケットに箱を忍ばせているのに気付き、きっとプロポーズするに違いない、そう思いました。でも彼はその時にプロポーズしなかったのです!信じられませんでした!でもその瞬間は、その晩の少し遅くに訪れました。ジャングルの山深い小さなツリーハウスで、結婚して欲しいと彼が言ってくれたのです。おそらく彼は、その場所に自分のルーツとのつながりを感じ、その瞬間と場所こそがプロポーズにふさわしいと確信したのだと思います。

それは魔法のようでもあり、とても優しい時間でした。そして結婚指輪を選ぶ時が来ました。指輪を選びにティファニーに行くこと、それはずっと私の夢で、その夢が叶ったのです。それからほどなく、アムステルダムの運河に浮かぶ小さなハウスボートで結婚式を挙げました。その日以来、何かそれまでとはまったく違う感覚を抱いています。若い頃からずっと世界中を旅してきた私は、それまでいつも何かを探し、何かを求めていました。その指輪をはめた時、地に足が着いた感覚がしたのです。それは、周りを見回すのをやめて気持ちを落ち着かせ、美しい家庭を築くということだったのでしょう。撮影のために指輪を外すのは、いつも少しだけ違和感を覚えます。心が空っぽになったような感じです。だからできるだけ早く着け直すようにしています。この指輪は、私たちの愛情と絆、家族、そして共に築き上げていく未来を象徴しているのです。